支部長挨拶

支部長挨拶

 今般、2018年4月から2年間、早稲田大学校友会東京都23区支部の支部長を務めることになりました高田宜美(中野稲門会会長・37年教育卒)でございます。よろしくお願いいたします。

 東京都23区支部は早稲田大学校友会組織における地域稲門会で最大規模の支部であります。昨年度まで、23区支部の運営は単一区単年度交替の輪番制でやってまいりました。23区支部には23各区稲門会があり、1年交代で23の区が支部長を務めてまいりました。

 今年度から、23区支部の運営は単一区が担当するやり方から、ブロックが担当することに仕組みを変え、また支部長ブロックの担当期間も単年度交替から複数年度輪番制に変えることにしました。2018年度と2019年度の2年間は第2ブロック(板橋・北・新宿・千代田・豊島・仲野・練馬・文京)が支部長ブロックを務めます。

 支部運営体制に変更があっても東京都23区支部の目的は不変です。それは区稲門会の拡大発展・相互の交流親睦を図り、早稲田大学の発展に寄与する活動であります。ブロックで担当することになり単一区支部長の時に比べ幅広く有為な人材を有し、複数年担当することで中長期的な課題に対して新たなチャレンジを行うことも可能になりました。

 東京都23区支部を新体制で運営することで、今まで以上に区稲門会及び早稲田大学校友会とより親密な関係をもち、早稲田の「WA」は「我(わ)」で終わらせることなく、23の区稲門会相互の「輪」を「和」にして、お互いが「しあわせだ」(幸せだ!)と感じ合える活動を行いたいと考えています。

 23区稲門会全ての校友会員様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

早稲田大学校友会 東京都23区支部
支部長 高田宜美
PAGETOP
Copyright © 早稲田大学校友会東京都23区支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.